スポンサーサイト

Posted by にゅうとり♪ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誕生日の朝~〇3歳の幕開け~

Posted by にゅうとり♪ on 27.2011 Diary☆日記 2 comments 0 trackback
3月25日・・・誕生日の朝は軽い二日酔いで始まりました。

前日の夜は、パートで入ってくれた栄養士さんの歓迎会ということで、
今一緒に働く栄養士4人では初めての飲み会だったのです。

とはいえ、お仕事なのでいつも通りに起きて、
みんなの水筒やコーヒーを準備し、朝食を食べて、
いつものように自分の顔を洗う順番を待っていました。

その日は、春休みの初日ということで、子供たちはまだ寝ていて、
夫と入れ替わりに、母が1階の洗面所に下りて行きました。

夫が出勤しようと1階に下りて行くと、母が何か言って、
二人の言い争うような険しい口調の話し声が聞こえました。

慌てて私も下りて行くと、母が洗面所で口から血を吐いていて、
洗面台の鏡や周りが血まみれになっていました。

「鼻血が止まらへん・・・怖いよ~・・・」

母が血を吐きだしながら泣きそうに叫んでいて・・・
天井を向いて鼻血を止めようとしているので、慌てて

「鼻血の時は上向いたらあかん、下を向いて!」
と私も叫んでいました。

夫も家を出るに出れず・・・
「救急車か、病院か・・・」

どうしていいかわからず、
とりあえず自分の勤めている病院に電話をすると・・・

「ウチには耳鼻科がないから、来てもらっても診れないです。
 すぐに診てもらえる病院を教えてくれる救急案内センターの
 電話番号を教えますので、かけてみてください。」
と番号を教えてくれたので電話してみました。

ところが、耳鼻科の救急をやっているところは、家から車で1時間は
かかりそうな遠い病院しかなく・・・

母の鼻血は、出初めから20分以上たつのに一向に止まらず・・・

「誰か助けて・・・怖いよ~・・・貧血で倒れる~、腰が痛い・・・」
と血を吐きだしながら叫んでいて・・・

私も母の様子に限界を感じ、
「血をサラサラにする薬を飲んでるから血が止まらへんにゃわ。
 これは救急車を呼ばなあかんわ!」
と119番に電話しました。

救急隊の方は、「到着までに10分ぐらいかかるので、その間に
少しでも情報を聞かせて下さい」と、母の既往症や以前に鼻血が
出たことがあるかなどを聞き取り、鼻血が止まるように下を向いて
鼻頭をつまんで圧迫止血するよう指示をくれました。

とりあえず、夫には仕事に行ってもらい、
私は職場に遅れる旨を電話し・・・
救急隊が到着したので、母と一緒に救急車に乗り込みました。

ところが、救急車が一生懸命近くの耳鼻科をあたっても、
受け入れてくれる病院がなく、結局そのまま30分ぐらい
家の前で停まりっぱなし・・・
救急指定病院に勤める者として、救急の受け入れ事情を
目の当たりにして愕然としました。

「命にかかわる状態なら、間に合わへん・・・」

結局9時過ぎになり、近くの総合病院の診察が始まる時間に
なったのでそちらに運んでいただき、無事に処置をしてもらって
11時頃には家に帰り着き、お昼前には仕事に行くことができ
ましたが・・・

すっかり職場には迷惑をかけてしまい、
とんでもない〇3歳の幕開けとなりました。

思えば・・・
父も今度の誕生日で80ですし、母も70を過ぎているし、
これから、鼻血ぐらいではすまないようないろんなことが
たくさんあるんだろうなぁ。。。

そういう現実をちゃんと自覚しておくように・・・
 
神様が、敢えて誕生日という忘れられないこの日を選んで、
私に教えてくれたような気がする・・・にゅうとりさんでした。
スポンサーサイト
 HOME 

金木犀スライドショー

FC2ブログランキング

Category Bar Graph

◆buzzLife◆

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。