スポンサーサイト

Posted by にゅうとり♪ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20歳のころのカラオケ十八番♪

Posted by にゅうとり♪ on 09.2010 Memories☆想い出 0 comments 0 trackback
すっかり涼しくなりましたね。

半袖好きのにゅうとりさんも、今日は長袖で出勤しました。

音楽の秋も本番ということで、最近ハマッテいる懐かしの曲を求めて、
今夜もyoutubeをさまよってみました。

そして、すごぉ~く懐かしい歌をみつけました。

この曲は、20歳位のころ、凄く美しい曲だなぁ~って思って、
よく歌っていました。
 
当時は、まだバブルな時代だったので、
短大時代の仲良しグループが私の一人暮らしのアパートに
泊まりに来てくれた時、みんなでカラオケボックスではなく、
カラオケスナックに行き、この歌を歌った思い出があります。

お友だちも、店にいた人の中にも、この曲を知っている人は
ほとんどいなかったんですが、
「凄く良い曲だなぁ~」って感動していました。
 
ホントに、しっとりとして雰囲気のある素敵な曲ですので、
ぜひぜひ聴いてみてください。

「もう一度夜を止めて/崎谷健次郎」



『過ぎた日々はナイフのように、美しいほど傷つけるものさ』

この歌詞の大人っぽさに、20歳のにゅうとりさんは、
憧れを持っていたのかもしれません♪
スポンサーサイト
 HOME 

金木犀スライドショー

FC2ブログランキング

Category Bar Graph

◆buzzLife◆

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。