スポンサーサイト

Posted by にゅうとり♪ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の季節には・・・やっぱこれでしょ♪

Posted by にゅうとり♪ on 31.2010 Dietetics☆栄養 0 comments 0 trackback

最近ブームの食材・・・しょうが!

先日、こんなものを見つけて、つい買ってみました。
生姜いれました。 
しょうが入りのヨーグルト???

早速食べてみましたが・・・お味は・・・びみょう~かな。。。
あんまり、しょうがの味を感じませんでした。

でも、テレビなどでもよく言われているように、
しょうがって健康にとっても良い食材なんですよ。  
 
しょうがに含まれる栄養成分と言えば、「ジンゲロール」と「ショウガオール」。

「ジンゲロール」は、生のしょうがに多く含まれている成分で、
これを加熱すると「ショウガオール」に変化するんですって!
どちらも、冷え症などを和らげる作用が期待できる成分です。

「ジンゲロール」の主な働きは、末梢血管を広げて、
血の巡りを良くしてくれること。また、発汗を促したり、
ウイルスや細菌と戦う免疫細胞を増やす働きがあるとも言われています。

風邪をひいた時「しょうが湯」を飲むという昔から習慣は、
理にかなっているようですね。
この「ジンゲロール」は、空気に触れると酸化されやすい成分なので、
切りたて、おろしたてのうちに食べるのがベストです。

一方、「ショウガオール」も、
冷えによって滞りがちになった血液の流れを良くして、
からだのすみずみまで血液を行き渡らせ、
からだをぽかぽかと温めてくれると言われています。

冷えからくる関節炎などにも効果があるそうで、
昔はリウマチにも良いとされていたそうです。

最近では、がん細胞の増殖を抑制する効果が得られるといった
すごい研究結果が報告されているそうですよ。

「ジンゲロール」と「ショウガオール」、どちらのパワーも摂りたいときは、
少し温めた状態のぬるま湯でいただく「しょうが湯」が良いそうですよ。

接骨院で、「体が冷たい」と先生に指摘されたにゅうとりさん。。。

早速こんなものを作ってみました。

ジャーン♪・・・「しょうがジャム」
生姜ジャム 
おろしたての生姜200g+はちみつ200g+レモン汁少々
この3つを鍋に入れて、25分間煮込むだけで完成!
(きび砂糖や黒糖をブレンドしても美味しそうです。)

粗熱が取れたら、煮沸殺菌した瓶に保存しましょう。
冷蔵庫に入れておけば、一ヶ月ぐらいもつそうです。

そのままなめると、意外に・・・
甘さよりも、しょうがの辛さが勝っています。

さっそく、紅茶に入れて、
話題の「しょうが紅茶」にしていただいてみました。
けっこう繊維が口に残りますが、
気になるようなら無理に食べなくても良いそうです。

昨夜は、お風呂上がりに飲んでみたのですが、体がポカポカして、
よく眠れるような気がしました。
(いつもよく眠れるんですが・・・o(*^▽^*)o~♪あはっ)

朝起きると、いつも体が冷えているような感じで、
布団から出にくいのですが・・・
今朝は、いつもより体が温かい感じがして、布団からすっと出れました。
(単なる気のせいかもしれませんが・・・)

このジャム、煮魚の味付けにそのまま使ったり、
焼肉のたれなどを作るのにも便利ですよ♪

トーストに、この「しょうがジャム」を塗ると美味しいという噂を聞いたので、
今度ぜひ試してみたいと思っています。


さて、ここで一句☆彡

ジンジャラー 代謝アップで ダイエット

冷えを予防することで、体脂肪が分解され、基礎代謝が上がり、
痩せ体質になれる・・・という説も。。。

もう一丁!

ジンジャラー 体ポカポカ エコロジー

冷え性の予防効果で、余分な暖房費を節約できるかも。。。

とにかく、下手な健康食品にお金を使うよりは、絶対にお薦めです!

スポンサーサイト
 HOME 

金木犀スライドショー

FC2ブログランキング

Category Bar Graph

◆buzzLife◆

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。