スポンサーサイト

Posted by にゅうとり♪ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康な味の蕾を育てましょう♪

Posted by にゅうとり♪ on 26.2010 Dietetics☆栄養 4 comments 0 trackback
今日、栄養指導した患者さまは、とっても味の濃いものがお好きな方で、
「減塩食」ではなく「普通食」を提供しているにもかかわらず、
「病院食は味が薄くて不満だ!」とおっしゃる方でした。

とはいえ、お話し好きな方なので、入院を機に、食事に対する認識を
少しでも変えていただけたらと、思い切って訪問してみました。

お話しする中で、好みの味付けが相当濃いことが分かったので、
年をとるごとに、味覚センサーである「味蕾(みらい)」が減少するため、
味がわかりにくく感じてしまうこと、濃い味のものを食べ続けると、
味覚障害がおこりやすいことなどをお話ししました。

この、味蕾(みらい)は、舌やノドの奥に広がっている味覚の感覚器官で、
花のつぼみにその形が似ていることから名づけられています。

近年ささやかれていることは、味覚障害の低年齢化です。

この味蕾に存在する味覚細胞は、10.5日というかなり短い周期で新しく
生まれ変わっていて、そのためにはたくさんの亜鉛を必要とします。
つまり、亜鉛が不足すると細胞が生まれ変われなくなってしまい、
味覚障害を引き起こしてしまうんだそうです。

加工食品やインスタント食品に含まれる添加物に、亜鉛の吸収を
妨げたり、亜鉛を排泄させてしまったりする成分が含まれているそうで、
小さいころからそう言ったものを頻繁に摂取している若者の間では、
味覚障害が起こりやすいといわれています。

また、激辛ブームで異様に辛い物を好んだりしますが、
これも味蕾の再生能力を遅らせてしまうそうです。

そこで、今日の一句・・・

インスタント
    控えて守ろう
        美味しい味蕾(みらい)



いつまでも美味しくいただける素敵な未来のために、
ご自身の味蕾(みらい)を 労わる食生活を目指しましょう!
スポンサーサイト
 HOME 

金木犀スライドショー

FC2ブログランキング

Category Bar Graph

◆buzzLife◆

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。